ラクビのメイン成分『酪酸菌』の効果をまだ知らないの?

あなたの肥満は改善するかも!ラクビの酪酸菌で痩せる体へ変身?

 

「私はどうやっても痩せない。きっと肥満体質なんだ」
家族は肥満体型ばかり。人一倍太らないように、食事制限も運動も定期的にしているのに一向に痩せない。

 

そんな状況が続いたら、どんな努力家の人でも心が折れてしまいますよね。
同じような気持ちでお悩みの方は、結構いるのではないでしょうか。

 

そんなお悩みが、腸内環境を整えることで改善することが出来ると言ったらどうでしょう?

 

皆さんの肥満体質は、腸内の細菌次第で痩せやすい体質に変えることが出来ると言ったらどうでしょう?
もちろん知りたいですよね?

 

今回は、太りやすい体質を痩せやすい体質に改善するために必要な細菌、「酪酸菌」についてご紹介します。

 

皆さんの肥満体質は変えることが出来ますよ!

 

ちなみに、ラクビのメイン成分が酪酸菌なのです。

 

太る原因

 

太る原因には大きく2つあると言われています。

 

便秘

1つ目は、腸内にある細菌のバランスの崩れによる”便秘”です。
腸内には様々な細菌が生息していて、その中には悪玉菌、善玉菌、日和見菌の3つがあります。その善玉菌がなんらかの原因で減り、悪玉菌が優勢になると便秘気味になると言われています。

 

便秘になることで老廃物を外に出してくれる機能が働かず、腸内に残った老廃物を含んだ便は発酵を続け、毒素を出すようになってしまいます。

 

そうなると、今度この毒素が腸内細菌のバランスを低下させ、結果、体全体の代謝が低下し、脂肪が体内に溜まったままになってしまうのです。これが太る原因の1つ。

 

酪酸菌

2つ目は、痩せるために必要な”短鎖脂肪酸”を作る「酪酸菌」が十分にないことが原因として考えられます。
今回は、この痩せる体質作りに必要な「酪酸菌」についてお話していきましょう。

 

酪酸菌で痩せる?

 

酪酸菌(らくさんきん)とは?

「酪酸菌」は、腸管内にたくさん生息している細菌の1つで、腸内細菌を整えたり、体にとって有害な物質を作る悪玉菌を抑制する“有機酸”を生産する働きがあります。

 

また「酪酸菌」は100度にも耐えられる芽胞(がほう)という外殻を持っていて、乳酸菌やビフィズス菌とは異なり、酸や熱に強い特徴を持っています。
悪玉菌が住みにくくなるよう腸内を酸性に保ち、善玉菌を増やすよう促します。

 

このように、腸内環境を健康な状態に整えくれるのが「酪酸菌」の役割です。

 

酪酸菌はなぜ痩せるために必要か?

「酪酸菌」は、痩せる体作りには欠かせない腸内環境を整えることと、その腸内環境を整えるために必要なビフィズス菌、乳酸菌の発育を助ける役割を持っています。

 

肥満体質を改善するためには腸内環境が健康であることが必要で、そのためには“短鎖脂肪酸”を増やす努力が必要です。
そこで重要になってくるのが「酪酸菌」なのです。

 

「酪酸菌」の特徴、そして「乳酸菌」との違いは?

「酪酸菌」も「乳酸菌」もどちらも痩せるために必要な腸内細菌ですが、「酪酸菌」には乳酸菌にはない3つの特徴があります。

 

その3つがこちら。

 

高熱に強い

「酪酸菌」は先ほど言ったように“芽胞”と呼ばれる強い外殻を持っていて、100度でも耐えられる菌だと言われています。

 

ビフィズス菌や乳酸菌にはこう言った芽胞はなく、腸に届く頃には半分以上が死滅してしまいます。

 

抗生物質に強い

風邪など体調を崩した時に飲む抗生物質は、実は風邪菌と一緒に腸内細菌も殺してしまっています。

 

ですが、この「酪酸菌」はそんな強力な殺菌力のある抗生物質を飲んでも、死んでしまうことがありません。

 

「酪酸菌」は腸管内で発芽し、その菌を増殖させることで抗生物質の摂取による腸内バランスの崩れを防いでくれるのです。

 

胃酸や胆汁に強い

「酪酸菌」は、胃液のような強い酸性に弱いビフィズス菌や乳酸菌と違い、芽胞で自らを守ることが出来ます。
なので胃酸・胆汁に殺菌されることなく、生きたまま腸まで届きやすいのです。

 

「酪酸菌」と「乳酸菌」の違いは?

「酪酸菌」と「乳酸菌」の大きな違いは、上記でも述べてきたように、生きたままの状態でどのくらい腸まで届くかという点です。

 

熱や胃酸に弱い乳酸菌は、生きた菌の状態で腸までたどり着くことがほとんど出来ません。
それに比べて「酪酸菌」は、熱・酸に加えて抗生物質にも強いので、腸まで届く菌の数は乳酸菌に比べてはるかに多いのです。

 

乳酸菌は乳酸を作りますが、「酪酸菌」は痩せるために必要な“酪酸”、“酢酸”、“プロピオン酸”などの“短鎖脂肪酸”を作り出してくれます。

 

酪酸菌も乳酸菌も、健康な腸内を保つためには必要なものですが、2つの大きな違いは「菌自体の生命力の強さ」と「作りだす成分の違い」であることです。

 

ここで大事なポイントがあります。
それは、死んでしまった乳酸菌は決して無駄にはならないということです。

 

死んでしまった乳酸菌は、その成分で免疫細胞を刺激、そして免疫力を高めたり、腸内の生きたビフィズス菌を増殖させ、腸内を健康な状態へと導く働きをしてくれます。

 

なので「酪酸菌」だけではなく、乳酸菌も一緒に摂取することで、お互いの効果をより感じることが出来ます。

 

酪農菌の痩せる効果

 

太りやすい人と痩せてるの人の違いには、腸内に生息している菌が関係しています。
これまでずっと説明してきた”短鎖脂肪酸”を作り出す「酪酸菌」が、痩せている人には特別多いのです。

 

「酪酸菌」によって作られた”短鎖脂肪酸”は、脂肪細胞に働きかけ脂肪の蓄積を抑える効果があります。

 

また、代謝を上げる効果も持っているので、肥満になりにくく、痩せやすい体を作る手助けもしてくれる細菌なのです。

 

「酪酸菌」によって作り出される”短鎖脂肪酸”を増やせば増やすほど、体にとって余分な脂肪が燃えやすくなり、結果「痩せる」に繋がっていくのです。

 

また「酪酸菌」は、腸内環境を整えてくれるビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌の働きを元気にしてくれる役割があります。「酪酸菌」は、熱、酸、抗生物質に強いと言いました。

 

つまり、生きた状態で腸まで行くことが出来る「酪酸菌」は、悪玉菌が住みにくい環境を作り、善玉菌の増殖を促してくれる働きもあるのです。

 

  • 「酪酸菌」を摂取→短鎖脂肪酸が作り出される→脂肪の蓄積を抑え、代謝を上げる→痩せやすい体になる
  • 「酪酸菌」を摂取→ビフィズス菌・乳酸菌などの善玉菌の働きをサポート→腸内を正常な働きに戻す→痩せやすくなる

 

「酪酸菌」の働きが腸内環境を改善させることによって善玉菌が活発になり、腸内環境の不調による脂肪の蓄積を改善します。
そしてダイエット効果に繋がっていくわけですね。

 

痩せるために酪農菌を摂取しよう!

 

酪酸自体は摂取しても意味がない

「酪酸菌を増やすために酪酸自体を飲めばいいのでは?」なんて思うかもしれませんが、酪酸はその匂いが強すぎて、そのまま飲むことはとてもじゃありませんが出来ません。

 

痩せるために頑張って飲んだとしても、大腸まで届くことなく小腸から吸収されてしまうのがほとんど。
そのため、せっかく摂取した酪酸は大腸で活躍することが出来ないのです。

 

なので、痩せるためには酪酸自体を摂取するのではなく、「酪酸菌」を増やす努力をすることが大切です。

 

酪酸菌を増やそう!

「酪酸菌」を生産してくれるものとして、「難消化性デンプン」というものがあります。
この「難消化性デンプン」は、冷たくなることで消化のされにくいデンプンに変化し、食物繊維に似た性質に変わります。

 

これが小腸で吸収されないまま大腸まで運ばれ、腸内を綺麗にしてくれます。
またこのデンプンは普通のデンプンと違って、大腸内の細菌の餌となって「酪酸」などの成分に分解してくれるのです。

 

この「難消化性デンプン」が含まれている食べ物としてあるのが、冷めたご飯や枝豆、ポテトサラダなどです。また玄米やライ麦の未精製穀物などにも含まれています。

 

「酪酸菌」入りの食材で調べると“ぬか漬け”が代表的なものとして出てきますが、毎日ぬか漬けを食べる習慣のない人にとっては継続が難しい食べ物だと思います。なので、「酪酸菌」を増やす食材を毎日摂取するよう心がけましょう。

 

「酪酸菌」は食物繊維が大好物です。
なので、同時に食物繊維を多く摂取するようにもしましょう。「酪酸菌」の増加にとても効果的ですよ。

 

酪農菌入りサプリメントを利用する

もっと簡単に「酪酸菌」を摂取したい方は、「酪酸菌」が配合されているサプリメントを買うのがおすすめ。

 

やはり何事も継続が効果を高めます。
その点を考えると、サプリメントは一番手っ取り早い摂取方法かもしれませんね。

 

酪酸菌で諦めていた“痩せる体”を手に入れよう!

いかがでしたでしょうか?「酪酸菌」は、ずっと悩んでいた肥満体質を改善をする救世主となりうる細菌です。
「酪酸菌」を増やすために、そんなに特別なことは必要ありません。

 

やることは、「酪酸菌」を増やす食事内容に変えるだけ。
その食事も冷やしご飯やヨーグルトと、すぐ手に入るものばかりです。

 

痩せるために「酪酸菌」を増やすことは今すぐ出来ます。
今まで肥満に悩んでいた方、希望を持って「酪酸菌」増殖活動に励んでみてくださいね!

関連ページ

ラクビを最安値で購入する方法をまだ知らないの?最安値購入法まとめ
ラクビ最安値購入方法は意外な方法だった!市販最安値ショップはどこ?知りたい貴方のためにコッソリ情報をお伝えします。
ラクビの正しい飲み方!どのタイミングがいいか検証してみた!
ラクビで大きな効果を出すためには、食前・食間・食後、どのタイミングで飲むのが最適なのでしょうか?実際にラクビの飲み方について体験して検証します!
ラクビを楽天で買っても大丈夫?損する前に確認!
ラクビが楽天より安い通販サイトを知りたい?大損して後悔する前にココを確認するだけはしておいたほうがいいかも・・・
ラクビは効果なし?30代OLがラクビを30日間試した結論!
痩せ菌は効果なし!?便秘体質OLがLAKUBI(ラクビ)を30日間試してみた結論がコレです!写真をお見せします。
ラクビで痩せない人・痩せた人には理由があった!私の場合はどうだった?
ラクビの口コミを調べてみると「痩せた!」という人と、「痩せなかった」という人の2通りの意見がありました。痩せない人・痩せた人のそれぞれの特徴を調査するとともに、私自身もラクビ体験してみました。
ラクビの成分を徹底解析!痩せる秘密はこの成分にあった!
ラクビの高いダイエット効果の秘密は、配合されている成分にあります。ラクビには、どのような成分が配合され、どんなダイエット効果が期待できるのでしょうか?
ラクビを飲むとおならがよく出る2つの理由!口コミも紹介!
体験者の間では「ラクビを飲むとおならが止まらなくなる!」という噂が・・・?おならが止まらなくなるなんて、女性にとっては恐怖そのもの!本当にラクビを飲むとおならが止まらなくなるのか?体験者の口コミをもとに徹底調査しました!
ラクビ5chの評価と私が実際に一ヶ月間飲み続けてみた評価!
大手掲示板サイトの5chのLAKUBI(ラクビ)の評価と、私が実際に購入して試してみた評価それぞれ紹介します。
ラクビをアマゾンが1番安い?いいえ、意外な店舗が1番安かった!
ラクビをアマゾンで購入して大損しないのかチェックしてみたところ、意外な穴場店を発見!みなさん、この店舗知っていましたか?
ラクビを買うならどこの薬局(ドラッグストア)がオススメ?
ラクビを通販ではなくて手短な近所の薬局やドラッグストアで買いたい!という人も多いはず。そこでラクビを購入できる薬局(ドラッグストア)をしらみつぶしに調べてみました。その結果・・・
ラクビをいつ飲むのがベストなのか人体実験&結果報告!
ラクビはいつ飲むのが正しいか知っていますか?ラクビをいつ飲むのがベストなのか私のカラダを使って徹底調査してみました!
ラクビは男が飲んでも効果あるのか試してみた結果!※画像証明※
ラクビは女性専用のダイエットサプリなのか?男も飲んで効果があるのか?男性である私が実際に飲んで試してみた!結果を画像で報告します。
ラクビに含まれるビフィズス菌b-3の効果を知っていますか?
痩せた人、痩せない人、痩せやすい人、痩せにくい人の違いは腸内環境にあり!ラクビに含まれるビフィズス菌b-3は痩せ菌とも呼ばれる特別の善玉菌。その秘密を紐解きます。
ラクビはダイエット効果あり?なし?ビフォーアフター画像で確認!
ラクビはダイエット効果なしなのか実際に試してみた!1ヶ月使った結果を口コミします!
ラクビって怪しくない?って疑っている人必見です!実際に試してみた!
ラクビは怪しいのかどうか、口コミサイト・SNS・芸能人の愛用者情報を中心に調べてみました。また、実際にに注文して検証もしてみました。ラクビは怪しいのではないのかと疑っている人必見です。
失敗する前に確認!ラクビに関するあらゆるトラブルまとめ
ラクビ購入後にラクビのトラブル事例を知っても後のまつり!購入前の今だからこそ確認しておきたいラクビのトラブル。
買ったら損するの?ラクビの3つのデメリットとは?
インスタのコメントはラクビのメリットばかり書かれているけど、デメリットはないの?そこで、ラクビのデメリットを徹底調査したので、その結果を報告したいと思います。拡散禁止の極秘情報です。
ラクビのモニターって何をするの?どうやったらなれる?
ラクビのモニターにどうやったらなれるのか?なったら何をするのか?モニターになったら痩せることができるのか?などなどラクビのモニターに関するあらゆる情報をまとめました。